婚約指輪

婚約指輪は皆さんのものです

婚約指輪、それは生涯を共にしたいと決めたカップルが必要とするアイテムです。そして、愛し合ったカップルは誰でも利用することが出来ます。 婚約指輪といっても、決して結婚しなければ使ってはいけないわけではありません。事情があって婚約を結ぶことが出来ないという方々もいらっしゃいます。だから、呼び方が変わろうが愛し合ったカップルが左の薬指につける指輪はすべて、婚約指輪なのです。 そして、それは男女でなければならないという決まりもありません。愛の形はさまざまです。女性同士、男性同士、すべてのカップルが婚約指輪という名の愛の絆で結ばれることができます。だれもそれを阻むことはできません。 恥ずかしがらずに、愛し合っているみなさんは是非つけてください。

愛の誓いを形にしています

婚約指輪を買う人々の多くは、やはり結婚式を挙げる方です。結婚式の中で指輪交換というメインイベントがあるくらいですからね。そして、なぜその方々が婚約指輪を買うのか。それは「誓い」が欲しいからだと思います。 お互いが生涯を共にし、愛し続けたいという気持ちを強く持って、結婚式をあげます。もちろん、気持ちがあればそれで十分だと思います。しかし、気持ちというものは厄介で、目に見えません。そこで彼らの愛の気持ちを形にしたものが婚約指輪と言えます。結婚式を挙げる方は皆、愛の気持ちを伝え合い、代用として婚約指輪を交換するのです。 ご理解いただけたでしょうか。一生に一度の晴れ舞台では、神聖なものを使いたいものです。