自分でデザインする

世界に一つの結婚指輪

結婚指輪は、結婚式の日にお互いに交換し、長い間、身に付けていくことになるアクセサリーですが、 結婚指輪には、指輪は丸くて終わりがなく夫婦生活も円満にいくように。というような思いや願いが込められています。 私も、実際に結婚指輪は手作りで思っていたのですが、いざ結婚式の準備が始まると何かと予定が詰まってしまったりと手作りするのに、お店に何度も足を運ぶのが大変だな。どんなデザインがいいのかな。などと考えていくと、意外に値段も上がってきてしまい、途中で諦めてしまいました。 でも、手作りを最初の金属の形を作るところからではなく、既製品で買わずにオーダーしてから職人さんが手作りして下さるところで注文することにしました。

手作りにも、色々捉え方がある

一般的な結婚指輪はシンプルなデザインが多いと言われています。長期間使い続けるため、歳を重ねても使用できるデザインを選ぶ必要がありますが、味気が無いように感じる場合があります。そのことから、結婚指輪を手作りするケースが増えています。一般的に手作りと聞くと、ビーズなどを用いて指輪を作っていく印象がありますがが、シルバーやゴールドに好みの石を埋め込み作成する方法に注目が集まっています。この方法で作成する場合、手作りでどこまで出来るのかを職人さんと話し合うことが大切でしょう。デザインにはウェーブやカーブ、特殊なデザインなど様々な加工方法があります。事前に指輪のデザインを調べて依頼しても良いでしょう。